カテゴリ:未分類( 50 )
お引越ししました

新しいURLはこちら

http://mitooshi-2011.blogspot.com/


※まだデザインをちょこちょこ更新中
[PR]
by aaak0 | 2011-06-05 13:00
2011.5.23

朝へ



お風呂はカモミールと薔薇の香り
ゆっくりと やわらげて


呼吸を想って 

とても薄い赤色のお湯をゆらして




なんとなく 夢中人を流しながら




a0117580_843345.jpg


昨日 もらったお花を キッチンへ


a0117580_8165472.jpg

[PR]
by aaak0 | 2011-05-23 01:11
110519

a0117580_1014062.jpg





水面の反射が
池にかぶさる木々の新緑に光をとばす
やわらかになびくような

川の流れにゆらめく藍染の布のような


鏡をパタパタと反射させても
あんな風にはならない




まるで水の流れのひとつを
きりとったみたい


まとまる葉々の一つの面が 
 スクリーンみたいに

見つめると そのきれいな川の水が
体の中に流れこんで すっと消えてゆく



ひととおり それに心をゆだねて
また歩く 



いとしい朝に


a0117580_9594140.jpg





a0117580_1023412.jpg

[PR]
by aaak0 | 2011-05-20 01:11
20110516


白の壁を思い出す
その向こうにある 海の線も

温度も湿度もにおいも
その記憶には残ってないけれど
ふと甦るだけ なんとないときに

a0117580_1424765.jpg



無為

もしかしたらそれを選んできていたのかもしれない

だとするなら 私は何で無為を愛していたんだろう
そう思って すぐに考えるのをやめた。
2週間前のベンチで


 (ちょこっと 疲れていたのかな) 
少し前まで認めたくなかったのに。

だから ただぼうぜんと立っていることを
美としていたのかも。 傍観を

少しの刺激と喜び そしてそれをぽかんと眺めて
ううん そもそも無為を愛していたわけじゃないかもしれない
きっとただ そうなっていたというだけ



ぽんっとそれに気付いて
体が軽くなる


a0117580_13481065.jpg



昨日のイベントで楽しかったのは
芝生でフリスビーができたこと



夕暮れの空の下で
Champagne Supernovaが流れたこと

a0117580_1351765.jpg



* * * * * * * * * * * * * * * * *

今日は朝からこんな気持ち
夏が楽しみになるわ


[PR]
by aaak0 | 2011-05-16 16:30
フェデリカ

朝食はホットケーキ

ホットケーキミックスが好きな人に出すと
ちょっと不評なのだけど

小麦粉からつくる味がすき。



ユニコーンがたくさんプリントされた
ワンピースが届いた 
ちょっとこみかるだけど とても気に入って

上高地から帰っって起きた朝に
インターフォンが鳴る
買ったのは一ヶ月も前なのに




a0117580_1458972.jpg


炎を眺めた

大雨に閉じ込められた部屋で

すりガラスのような雨の向こうの
静かな空の白と 火のあかり
お客さんのだれもいないその場所で
一人にしてくれた


とても自然でいて
とても特別な気持ちになる
それは幸福とはすこし違っていて
ただ 初めて見るもうひとつの自分の部屋に来たよう


* *


ねらったかのような大雨 と 晴れ

a0117580_145806.jpg
a0117580_1619497.jpg

a0117580_16214222.jpg

a0117580_14525737.jpg

a0117580_14583439.jpg

[PR]
by aaak0 | 2011-05-13 19:00
いつかの散歩  いつかのお昼ごはん 

hamadayama

a0117580_16375469.jpg
a0117580_16382924.jpg

a0117580_16393033.jpg

a0117580_1639422.jpg








cat-street

a0117580_16394551.jpg


a0117580_16395752.jpg

serendipity at **09
[PR]
by aaak0 | 2011-05-08 19:30
グレーというか白 ≒ くもり


新緑の映る川や池は
日が出ているときよりも
曇りのほうが好きだと 気付いた15時


その景色はどちらかというと平面的で
だからこそ見つめていたくなるような
そうしたら 溶け合えるような



惹かれる




泡沫のきらめきは無くて
 そこに居てくれる 
安心してしまう色
そうなっても、怖くならない いろ


池の上を飛ぶ 見えないくらいの小さな虫が
雨の降り始めみたいな波紋をつくる
(やわらかい波紋と波紋は 
接しても混ざらないのが不思議 
ただ交差するだけ)


冷たいにおい

目の奥と 体の軸が洗いながされるような



繊細に なめらかに
肌をなでてくれるような風から
眠たくなる安らぎを感じた Agápēみたいな

発してしまうと ちょっと大げさすぎる単語
もっと近い言葉を思い出せればいいのに 



今日はずっとHelios(Eingya)の振動-抱擁- 
コップ一杯の水はサガンの言葉

 
a0117580_22272488.jpg

[PR]
by aaak0 | 2011-05-06 23:37
甘くてきらきらした食べ物を スイッチみたいに


眠りにつく時間に関係なく
5時半ぴったりに目がさめてしまうこのごろ
毎日ではないけれど


まるでもともとそんな習慣で、身についてるみたいに
すっ と 目がさめて
白い朝の光が目の奥に浸透する


結局、気持ちはもう少し眠りたいから
また布団にもぐって目を閉じてすごすのだけど

今日もそんな朝



平日の新しい習慣をはじめたら
ちょっとしたお祝いに
Pierre HerméのIspahanを買おうと思った


布団の中でまるくなりながら
(春なのに寒い)


指輪のケースみたいな装飾の
フランボアーズと薔薇の  甘酸っぱいそれ

吉祥寺の紅茶屋さんで、
花びらたっぷりの(きちんと薔薇色の)ローズティ
を買って


きらきらした泡の
スパークリングワインもいいな



まだ少し窓があかるい時間に
レースのカーテンは閉めて

部屋で



音楽はたぶん
Jamie Cullumの静かで幸福なメロディー

たとえばNot While I'm Aroundとか
I Think I Loveとか


Beny singsのやさしくて
うきうきとした気持ちになる歌

Feistでもいい


ケルト音楽も

聴いたことのないメロディーも

いいかも
[PR]
by aaak0 | 2011-05-06 11:59
2011.5.3

昔にみた 海を舞台にした映画
その音楽を聴いて、乾かして
少し強くなる

今を生きている私を、守る香りになる

安易に言葉を選ばない
これはきっともっと強く豊かになるため
それをもっと具体的に めざし始めたんだと思う


* * * * * * * *

キャンドルに火をともすときは
やっぱりマッチを使うことにした
ライターはずっと馴染まなくて



水を飲む。


やっぱり
水にあこがれているんだと思う



あと 煉瓦にも


半年前まで、レンガ作りの大きなビルで働いていたのに
きっとあのレンガは違っていて

それよりも もう少しオレンジがかってる
粉っぽい煉瓦がいい


イグアスの滝はただの憧れであって
やっぱり山梨の渓谷や長野の滝がいい


煉瓦は今のところ
フィレンツェのドゥオモから眺めた屋根たち
南禅寺の水路橋




函館はどんなだろう



好きなレンガを見つけるという言い訳の旅行も
いいかもしれないな
[PR]
by aaak0 | 2011-05-03 10:00
2011.5.1


ユーカリのピローミストを使った
息を深く吸いこみ
風をはらむ木枝のように肺を膨らす


緑の中で 雨に濡れた葉々ひとつひとつの香りを
感じ分けることができたなら

そう思った。


新緑が透かすひかりみたいに
ひんやりと冷い匂い 
心地良い眠りの入り口






Watermarkをかけて起きることにした
満足して、また目をとじる朝









私たちは きっと準備をしていたんだとおもう
それを迎えるために

いい準備を、ていねいに
 
たまに、右肩をどこかにぶつけたりしながら歩いて
季節をこえて  きょう
そのときを迎えたにすぎない  

きっとね



a0117580_15391623.jpg







a0117580_7372080.jpg

[PR]
by aaak0 | 2011-05-01 07:17